顔汗を止める手術のおかげで人の目を見て話せるようになった。

中学の頃辺りから、顔の汗が人より多い事に気がついて、緊張した時、人と会話をする時などに、顔から汗がブワッと出てくるようになりました。

もはや、ハンカチを常に持ち歩いていないといけないくらい何かにつけて汗が出てきて、社会人になってからも、この「顔汗」で大変苦労しました。顔の汗が気になって、人の目を見て話す事が出来なくなったのです。

私が顔汗で苦労したシーン

特に苦労したのが、会社での朝礼。

我が社の朝礼は、支店長が前に立って司会をし、今日の目標等を1人1人発表していくのですが、その時もとても緊張して顔から汗がブワツと出て、ハンカチが無いと、とても困るような状況が続いておりました。

ネットで顔汗対策を調べたら・・・

そんなある日、ネットで「顔汗」対策の病院が無いか探していた所、神奈川県の方に「ペインクリニック」という痛みを和らげますと謳っている病院があったので、行ってみました。

そこで頂いたのが、「塩化アルミニウム溶液」という水のようなモノが入った入れ物。これを顔に塗ると、その部分からは汗が出なくなります。

しかし、この塩化アルミニウムを顔に塗布すると、顔がテカテカになり、鏡で自分の顔を見ても妙な違和感があり顔汗は少なくなりましたが、これにも困りました。

他に手段は無いものか?と、パソコンを使って顔汗対策を探していると「多汗症手術」という項目を発見し多汗症手術を行っている病院に問い合わせて内容を聞いてみました。

すると、まさに今私が困っている事を治してくれる手術のようなので、病院に説明を聞きに行きました。

先生から聞いた話は、多汗症手術をすると、顔の汗で困る事は、ほぼなくなる。
ただし、顔の汗が無くなった分、「代償性発汗」というモノが発生し顔の汗がなくなった分、背中やお腹の汗が多くなる。との説明を受けました。

背中やお腹なら、シャツや服で汗を隠せるので、さっそく手術の同意書にサインをし、手術をして頂きました。「交感神経遮断術」という名称の手術だったかと記憶しています。
神経の部分もいじるので、生命保険に加入している方であれば、多少、保険金も下ります。

術後は、顔からは「まったく汗が出なくなり」とても満足しております。

ただ、先生から説明のあった「代償性発汗」が想像以上に激しいようでちょっと走ったりしただけでも、冬場でも背中やお腹は汗でびっしょりになります。

しかし、この手術のお陰で、相手の目を見て話せるようになったし、ポジティブ思考になりましたしやって良かったと思っています。

顔汗は本当に困るもので、日常生活に支障をきたしますので、本当に困っているなら手術はオススメですがこれから、多汗症の手術を受ける方は、「代償性発汗」をよく調べてから病院等で相談される事をおすすめします。

顔汗 止める