OL汗との戦いの話

今どき男女を問わず、社会人が管理できてないといけないものの一つとして地位を確立しているのが汗管理です。

空調のせいか、温暖化のせいか、汗の悩みは年中無休ですし、自分がいくら気を付けていても、汗管理のできていない不快な他人の扱いなど悩みの種は尽きません。

今夏の脇汗との戦いを無事終えた事を振り返ります。

今年の夏も普通におかしいくらいの暑さに連日見舞われました。もうこれは、日本の夏は事前準備なしには乗り越えられないという事です。冬が終わったら、即夏対策が必要です。制汗スプレー、汗脇パット、防臭下着準備が大事です。

夏の外出心得

夏の外出心得。まず、社会人たるもの出社前シャワーは必要です。いくらクーラーをかけ涼しい中で休んで、肌はさらさらだとしても、汗を栄養に臭いを放つ菌の存在を壊滅しておく必要があるからです。肌がさらさらであれば、汗をかいてもべたべたになるまで多少の時間稼ぎができます。

シャワーを浴び、さらさら素肌になったら、制汗スプレーをします。私の場合、スプレーは、自分の好きな香水と化粧品の香りを痛めつけない無臭のものを選びます。ただ、スプレーは宣伝程長続きしませんので、気休め程度と考え、日中汗対策用に爽快系ウェットティッシュとスプレーも携帯します。

ウェットティッシュのおすすめは男性用です。ティッシュサイズが大きめで、匂いもないタイプだと、きつめのアルコール成分で肌を拭いた時の爽快感が業務用感あって実用的です。デートの時などはさらにお気に入りのウェットティッシュで香りづけしなおします。ウェットは2タイプ持ちですね。

ここまで、体の前準備がすんだら、肌着ですが、化繊系は防臭仕様でないものは、汗をかくと強烈な臭いのもとになるので、防臭タイプの肌着を着ます。おでかけ前の最後の準備は、ブラウスなどに汗脇パッドを装着します。これはマストです。外に出たら、どれだけ汗をかくシーンが待っているかわかりません。無事、汗を拭ける場所につくまで、ここまでの準備で乗り切ります。

アウター選びも重要

アウターの色選びも重要です。グレーは汗が染みると本当に目立ちます。夏は、万が一汗が染みたときでも目立たない素材を使ったものを出来るだけ選びたいものです。

クールビスや温暖化対策で、会社の空調温度設定が高めになってましたので、忙しいと言ってバタバタするとうっすら汗をかいたりして、油断できない状況になります。

準備を怠らなければ、毎夏の激しい暑さも快適に過ごせるグッツがたくさんある幸せな国に生まれました。上手に使って汗の管理しっかりしていきたいです。”